芸術などについて勉強した

アメリカ人フェノロサや岡倉天心の活動はめざましく、岡倉天心は東京美術学校の設立につとめ、新しい日本画を復興しました。岡倉天心はその後、日本美術院をつくり新しい日本画の創造につとめました。西洋画は、まず明治初年に工部美術学校で外国人教師が教えましたが、明治中期にフランス印象派の画風をもたらした黒田清輝らの活動によってさかんとなりました。彫刻の分野でも、伝統的な木彫と西洋の彫塑とが共存する方向へ向かいました。演劇では歌舞伎が引き続き民衆に親しまれ、河竹黙阿弥らが新しい要素をもり込みました。日清戦争前後からは新派劇とよばれる現代社会劇がうまれ、人気のある通俗小説を劇化して民衆の要望にこたえました。さらに日露戦争後には西洋の近代劇が移植され、新劇の活動が広がっていきました。音楽の分野では軍隊用に西洋音楽が輸入され、唱歌は小学校教育にとり入れられ親しまれていきました。東京音楽学校が設立され、滝廉太郎らの作曲家もあらわれました。西洋風と日本風との混在は、生活文化にもはっきりとあらわれています。都市では、官庁・会社・学校などで西洋風の衣食住が採用され、しだいに一般家庭にも広まっていきました。交通機関も鉄道に続いて鉄道馬車、さらに電車や自動車も走るようになりました。しかし、都市でも洋服はほとんど男性に限られ、食物や住居も伝統的な様式のままでした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です